IDCFコーポレートブログ

IDCフロンティアのコーポレートブログです。 当社に関するお知らせや情報を発信しております。

 MENU

白河DCから北九州DCまで歩きました!?

と、言っても実際に歩いたわけではありません。
IDCFでは社員の健康に対する意識を高める目的で、昨年の11月から3月まで「ウォーキングプログラム」を実施していたのですが、その優勝者の通算歩行距離を換算すると福島県にある当社の白河データセンターから福岡県の北九州データセンターまでの距離に相当するとのこと!

 

では、優勝者のカスタマーサービス本部オペレーションサービス部の片寄をご紹介します!

f:id:ksasayamax:20170418152642j:plain

■「ウォーキングプログラム」に参加する上で、普段と違うことをしたのですか?

いえ、特に。10年くらい前から駅まで往復4km歩き続けているので、今回もそれが大きいかもしれません。
主に都内のデータセンターのオペレーションを担当しているので、各DCへ行くことも多く、DC間は歩いて回ったりもするので内勤の方と比べると業務中でも歩く機会が多いでしょうね。そういえば、よく同行者に"歩くのが早くてついていくのが大変"と言われます(笑)。

ただ、歩くという単調な動きに飽きないために勝手に打倒!○○とライバルを作ってご本人たちにも言っていました。

■往復4km歩き始めたきっかけは?他に健康管理で気をつけていることはありますか?

歩き始めたきっかけは健康診断でとある数値が高かったからなんですが、今は改善しています!

あとは、最近はお昼も外食ではなく奥さんにお弁当を作ってもらっています。(←う、うらやましいですね)

それと、これは健康管理のためではなく楽しいからやっている趣味なんですが、土日のどちらかはたいがいフリークライミングに行っています。
これは意外に歩数は稼げないということが今回わかりましたが(笑)

f:id:ksasayamax:20170418152718j:plain

↑こちらはフリークライミング中の一枚。ものすごく体力つきそうです。今回のウォーキングプログラムの優勝もこういった下地があってこそでしょうか。

5か月間行われた今回のウォーキングプログラムの達成指標は、新宿DCから北九州DCまでに相当する1,287,500歩 (≒約1,030km)に設定されており、達成した16名には北九州DC見学ツアー(移動は飛行機です、念のため^^)などの賞品が渡されました。

社長の中山からは、「心身の健康があってはじめて、好きな仕事ができる喜びを感じられると思う。今日急には良くならないが、社員が健康に対する意識を高め、実際にアクションをしていくことが、5年、10年・・・その先のIDCFの強さの源泉になると思っています。」
とのメッセージもあり、今後も会社として社員の健康管理を支援するような取り組みを続けていく予定です。

Copyright © IDC Frontier Inc.